債権者からの連絡を無視する

債権者からの連絡に対して、電話に出ない、書類が届いても見ない、返信する必要がある書類も返信しないなどの対応をしていると、ご相談者様から任意売却のご依頼を受けて、我々業者が債権者に任意売却で進めたいと打診しても債権者の方で任意売却に応じてくれない事があります。任意売却を進めると決めたのであれば、債権者からの連絡にはできる限り対応することをお勧めします。

売却活動中にご依頼者様が非協力的

内覧希望者が見つかり、こちらから内覧の日程調整の連絡をしても連絡が取れない、返信もない、また連絡が取れても忙しくて対応できないなど、営業活動に非協力的でご自身にその気がない場合は、任意売却期間内の売却が困難となります。任意売却をスムーズに進めるには、ご相談者様が協力的であることは大前提になります。

任意売却の期間内に買い手が見つからない

これは任意売却に限らず、通常の売却でも同じですが、買い手が見つからないとそもそも取引が成立しません。買い手が見つからない理由としては不動産の条件(価格、立地)による場合もありますが、室内に物が溢れている、掃除がまったくされていないなどの理由による場合もあります。これはある程度は回避できることなので、不要なものは捨てる、室内をきれいにしておくなど、ご自身でできる範囲でご対応しておくことをお勧めします。