借入金額や借入先、滞納状況を正確に伝える

任意売却の業者が任意売却を進めるにあたり最初に確認することは、現在の借入金額、借入先、滞納状況などの債務の状況を正確に把握する必要があります。

この状況に応じで今後の進め方や、ご依頼者様に優先して返済した方がいいものなどをお伝えします。

例えば、任意売却で進めることになった場合は、任意売却期間中の住宅ローン返済は不要になります。また返済しないことによる催告もありません。

一方で固定資産税を滞納したまま放置しておくと、不動産に差し押さえが入り、差し押さえが解除されない限り不動産を売却できなくなってしまうなどの可能性もあります。

これは伝えなくて大丈夫だろうと思ったことが、後になって任意売却できなくなるケースもあるので、毎月返済(支払い)しているものは、すべて報告することをお勧めします。