売主側の観点から見た任意売却と一般売却の違い

任意売却と一般売却の大きな違いは、売却に関する意思決定者の違いです。

 

任意売却の場合は、意思決定者が債権者(金融機関)で一般売却は売主になります。

例えば、販売価格設定や値引き設定などは、任意売却の場合は債権者(住宅ローンの借入先等)が意思決定し、一般売却は売主が行います。

一般売却の場合、少しでも早く売りたいという売主であれば相場より安くなることもありますし、時間がかかってでも少しでも高く売りたいという売主であれば相場よりも高くなり、基本的には売主の希望が反映されます。

対して、任意売却の場合は最初に任意売却で売却するという意思決定は売主が行いますが、以降の決定は債権者になります。

債権者としては少しでも多くの未回収分を回収したいと考えますが、任意売却期間は一般的には3カ月~6カ月程度の期間しかないので、この期間内で売却する必要があります。

その為、相場より高く価格設定すると物件が売れない、安くするとすぐに売れるが未回収分が多くなるので、事前に市場調査を入念に行い価格設定や場合によっては値引きなどを債権者の意思で行っていきます。(この意思決定をするために、任意売却業者は市場調査や案件進捗状況を報告しています)

売主の観点からは意思決定者が異なりますが、不動産売買の方法はどちらにも違いはなく同じように売却活動が行われるので実は不動産売買という観点からは実はどちらも違いはないのです