買主側から見た任意売却と一般売却の違い

買主側にとって一番の気になるところとしては、任意売却の物件を買っても大丈夫なの?ということだと思います。

結論を先にいうと問題ありません

買主側から見た任意売却と一般売却の違いで説明していますが、意思決定者が債権者というだけで、不動産売買の取引において一般売却と同じ流れで取引されます

しかし任意売却の場合、瑕疵担保免責という特約が必ず付いてきます。

瑕疵担保とは外見上は分からない主要部分の不具合(欠陥)があった場合に売主の責任において修理する義務を負うことで、瑕疵担保免責とは売主がこの責任を負わないということです。

一般的には物件引き渡しから3カ月程度の瑕疵責任期間が設定されることが多いです。

瑕疵責任は、売主の責任で負うものであり債権者の責任ではないので、債権者は保証しません。また売主はお金がない状況ですのでその責任を負うことはできません。

ということで任意売却の場合は必ず瑕疵担保免責という条件が必ずついてきます。

しかし個人間の不動産売買において瑕疵担保期間というのは、売主と買主の双方の取り決めるもので必ず設定しなければいけないものではなく、一般売買においては、売却条件が瑕疵担保免責という物件も多くあります。

任意売却は、それと同じ条件の物件というだけですので、内覧をして物件を気に入った場合は任意売却だからと躊躇する必要は全くないのです。