マンションの管理費・修繕積立金を滞納している場合、任意売却できるのか?

Q.マンションの管理費や修繕積立金を滞納していても任意売却できるのか?

A.管理費、修繕積立金を滞納したままで任意売却できます。

 

マンションの管理費や修繕積立金を滞納していても任意売却できるのか?

管理費、修繕積立金を滞納したままで任意売却できます。

住宅ローンの返済が滞っている方は、マンションの管理費・修繕積立金も滞っているケースが非常に多いです。

マンションの管理費・修繕積立金が滞納している場合に不動産を売却できるか?についてお答えします。

 

次の購入者が滞納分の支払い義務があります。

 

基本的には、管理費や修繕積立金が滞納している場合は、物件の購入者が滞納分の支払い義務を引き継ぐことになるので、滞納しているままで売却することはできます。

しかし管理費や修繕積立金が滞納している物件を購入する方はほとんでいないでしょう。

 

管理費・修繕積立金の滞納は不動産の売却金額から返済されます。

 

買い手が見つからなければ、不動産を売却できないので債権者も困ります。

そこで、管理費・修繕積立金の滞納金額については、不動産を売却した売却金額から支払うことを債権者が認めています。

同じマンションの住人に迷惑がかかるからということで、管理費や修繕積立金を滞納することを特に気にされる方がいますが、返済に優先順位を付けるとしたら決して無理をして支払う必要がないものになります。

 

優先的に支払うもの

 

それよりも固定資産税などの税金を滞納していた場合は、こちらを最優先に支払って下さい。

税金を滞納すると不動産を差し押さえされる可能性があり、この場合は不動産の売却ができなくなってしまいます。

 

あらたホームでは、管理組合との調整や固定資産税などの税金滞納している場合の役所との調整まで行いますのでお気軽にご相談下さい。