任売売却後の残債はどうなるの

Q.任意売却後に残った残債はどうなるの?

A.残債は残り返済義務は残ります。が債務整理の手続きもあります。

 

事情により返済が難しい場合には以下のような手続きを行うことで債務整理を行うことができます。

 

任意整理

 

任意整理とは、残債の金額が少額の場合に検討する手続きになります。個人で債権者と交渉して返済可能な範囲まで減免してもらい返済していく方法です。メリットとしては、個人で交渉するため手続きの費用はかかりませんが、デメリットとしては、個人で交渉するため応じてくれないケースが多いです。その場合には弁護士・認定司法書士が代わりに交渉することも可能です。

 

個人民事再生

 

個人民事再生とは、残債の金額が大きく今のままでは返済が困難な場合に、裁判所に減額を認めてもらい3年~5年かけて分割で返済していく手続です。「残債の額が5,000万円以下であること」「将来にわたって一定の安定収入が見込まれること」が前提となりますが、返済額が最大10分の1(残債の額等により異なります)まで減額される可能性があります。デメリットとして、特定の職業に就けないといった資格制限や官報に名前が載ってしまうなどが挙げられます。

 

自己破産

 

自己破産とは、財産がなく、残債の支払いができないことを裁判所に認めてもらうことにより、法律上、借金の支払義務を免除してもらう手続きです。デメリットとして、特定の職業に就けないといった資格制限や官報に名前が載ってしまうなどが挙げられます。また家族などが保証人になっている場合には、債務の請求は保証人にいくことになりますので、注意は必要です。