ふじみ野市、富士見市の任意売却はサポート充実のあらたホームへ

東京都・埼玉県にて任意売却を行う会社は不動産売買も専門です

ふじみ野市、富士見市での任意売却の成功事例の一部を紹介します。


CASE営業職で転職したが結果を出すことができずに収入減となり住宅ローンの返済が困難になった
ご相談者様ふじみ野市 30代男性
ご依頼時の職業会社員
住宅ローンの残債額 2,200万円
物件種別中古戸建
案件を進める上で注意を払ったこと

近所には知られたくないということでしたので近隣へのチラシ配布は控えネットでの販売活動を中心に行い ました。幸いにもネットからの反響で売却することができました。

任意売却での売却金額1,950万円
売却後の対応

小学生のお子様の学区は変えたくないとのことで同じ学区内の賃貸物件に引越し奥様はパート先を変更しました。また自己破産はしたくないとの希望から残債務は毎月1万5千円を返済しています。



CASE事情があり自宅を賃貸で貸し出していたが建物の老朽化に伴い賃料が住宅ローンの返済額以下になり修繕費などもかさみ自己資金からの持ち出しが増え住宅ローンの返済が困難になった
ご相談者様富士見市 50代女性
ご依頼時の職業会社員
住宅ローンの残債額 800万円
物件種別中古戸建
案件を進める上で注意を払ったこと

ご相談時には債権者よりすでに競売の申立がされていました。債権者からは並行して任意売却の承諾を得ることはできましたが、あまり時間に余裕がないためネット掲載、チラシ、業者へのアプローチなど営業活動を最優先で実施しました。結果として1カ月後に買主を見つけることができました。

任意売却での売却金額720万円
売却後の対応

ご自身は賃貸物件に居住していたため生活自体は変わらず、残債務は返済可能な金額として毎月2万円を返済しています。




よく聞くご相談者の声

 

 

よく聞くご相談者の声

 

 

  • 1  どこに相談していいか分からない
     

  • 2  債権者からの電話や督促など大きなストレス
     

  • 3  先が見えない事への不安

 

 

 

 

あらたホームの3つの特徴

専門家と連携で豊富な成功実績

2019年においては多くのお問い合わせを頂き、約95%の高い成功実績を上げております。

 

また弁護士や司法書士、税理士の専門家と連携して難易度の高い案件についても高い成功実績を上げています。

債権者との窓口はすべてあらたホームで対応

住宅ローンの返済ができないことが分かっている状態ので債権者からの電話、催促・督促状などは精神的に大きなストレスになります。

 

しかし、これから債権者からの電話や催促を無視することは決しておススメできることではありません。

 

あらたホームでは、ご相談者に代わり債権者との窓口をすべて行います。精債権者からの電話や催促がなくなるだけでも精神的なストレスが軽減され、これからのことを落ち着いて考えることができるようになります。

サービス内容が明確で更に手厚いサポート

サポート内容を最初に提示しますので、どこまで対応してくれるのかなどの不安がありません。また、ご依頼を頂きましたお客様対応は代表の新井が最初から最後まで対応しています。

 

「できることはすべてやる」をモットーに代表だからこそ、良いと思ったことは即断即決でベストな対応ができると自負しておりますので、安心してお任せ下さい。

ふじみ野市、富士見市の任意売却はあらたホームにお任せ下さい。

あらたホームは、埼玉県、東京都にエリアを絞って任意売却のご相談を承っていますが、ふじみ野市、富士見市は代表の新井の出身地でもあり現在の居住地でもあるため地理的に最も明るいエリアであり、ご相談者を最もサポートしやすいエリアです。あらたホームは「できることは全てやる」をモットーに誠心誠意サポートいたします。任意売却は対応が早いほど条件が良くなります。秘密を厳守することはもちろん、サービスの強要は絶対にいたしませんので、お電話、メールもしくはホームページよりご予約の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

ふじみ野市、富士見市の特徴

<ふじみ野市>ふじみ野市は、平成17年10月1日に上福岡市と大井町がひとつになり、新しく生まれた市です。都心から30キロメートルの首都圏に位置しながらも、新河岸川や雑木林など豊かな自然が残り、また、交通の利便性を活かした商品流通業や首都近郊農業などが盛んなまちとして発展を続けています。

 

<富士見市>富士見市は富士山の見える市で、埼玉県の南東部、首都30キロメートル圏に位置します。昭和31年に鶴瀬村、水谷村、南畑村の山村が合併、昭和47年4月10日に、富士見町が市制を施行し、富士見市が発足しました。昭和30年代以降は住宅都市基盤整備が進み、首都圏のベッドタウンに発展しマンションや戸建てが多くあり、良好な市街地が形成される一方、緑地や湧水、肥沃な田園地帯などの自然豊かな環境と、旧石器時代以降の重要な史跡に接することができる環境にあります。