さいたま市の任意売却はサポート充実のあらたホームへ

東京都・埼玉県にて任意売却を行う会社は不動産売買も専門です

あらたホームで解決した成功事例の一部を紹介します。


CASE脳梗塞を患ってしまいリハビリで日常生活には支障支障ない程度は回復したが、正社員としての勤務が難しくなり派遣社員として働くことになったため大幅な収入減となり住宅ローンの返済が困難になりました。
ご相談者様さいたま市市 50代男性
ご依頼時の職業派遣社員
住宅ローンの残債額 2,000万円
物件種別中古マンション
案件を進める上で注意を払ったこと

自己破産することを前提に考えていましたので、任意売却後にすぐに自己破産手続きができるように弁護士と連携しながら案件を進めていきました。また債権者が2社あったため、後順位抵当権者には自己破産することを伝え少額の費用で抵当権抹消手続きして貰えるように交渉していきました。

任意売却での売却金額1,800万円
売却後の対応

自己破産手続きも無事完了して、現在は息子夫婦と同居してリハビリしながら新生活を送っています



CASE 離婚に伴い夫婦の連帯債務で購入した自宅をに売却するか悩んでいました
ご相談者様さいたま市 30代女性
ご依頼時の職業会社員
住宅ローンの残債額 2,600万円
物件種別中古戸建
案件を進める上で注意を払ったこと

連帯債務の状態で売却しない場合のリスクをきちんとお二人に説明しそのリスクを理解した上で方向性を決めるようにご提案しました。奥様は自宅を売却したいと考えていましたが、ご主人は住宅ローンを全額払うのでそのまま住み続けたいと希望されました。しかしご主人は自営業で収入が安定していなかったため奥様の連帯債務を外すことができず、仮にご主人が返済できなくなった場合は連帯債務者である奥様に全額の返済義務が生じるリスクをきちんと説明しました。最終的にはお二人の話し合いの結果、自宅を売却することとなりました。

任意売却での売却金額2,550万円
売却後の対応

自宅の売却費用では住宅ローンの残債は足りませんでしたが、ある程度の貯金があったため自己資金を持ち出しをして不動産を売却することができました。現在はお二人とも新しい生活を送っています。




よく聞くご相談者の声

 

 

よく聞くご相談者の声

 

 

  • 1  どこに相談していいか分からない
     

  • 2  債権者からの電話や督促など大きなストレス
     

  • 3  先が見えない事への不安

 

 

あらたホームの3つの特徴

専門家と連携で豊富な成功実績

2019年においては多くのお問い合わせを頂き、約95%の高い成功実績を上げております。

 

また弁護士や司法書士、税理士の専門家と連携して難易度の高い案件についても高い成功実績を上げています。

債権者との窓口はすべてあらたホームで対応

住宅ローンの返済ができないことが分かっている状態ので債権者からの電話、催促・督促状などは精神的に大きなストレスになります。

 

しかし、これから債権者からの電話や催促を無視することは決しておススメできることではありません。

 

あらたホームでは、ご相談者に代わり債権者との窓口をすべて行います。精債権者からの電話や催促がなくなるだけでも精神的なストレスが軽減され、これからのことを落ち着いて考えることができるようになります。

サービス内容が明確で更に手厚いサポート

あらたホームでは、ご依頼を頂きましたお客様対応は代表の新井が最初から最後まで対応しています。

 

代表だからこそ、良いと思ったことは即断即決でベストな対応ができると自負しておりますので、安心してお任せ下さい。

さいたま市の任意売却はあらたホームにお任せ下さい。

あらたホームは、埼玉県、東京都にエリアを絞って任意売却のご相談を承っています。代表の新井の埼玉県出身でさいたま市にも居住していた経験もあり、さいたま市の地理的に明るいエリアであり、ご相談者のサポートしやすいエリアです。あらたホームは「できることは全てやる」をモットーに誠心誠意サポートいたします。任意売却は対応が早いほど条件が良くなります。秘密を厳守することはもちろん、サービスの強要は絶対にいたしませんので、お電話、メールもしくはホームページよりご予約の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

さいたま市の特徴

<さいたま市>

さいたま市は埼玉県の県庁所在地です。
さいたま市は埼玉県の南部東寄りに位置する市で、2001年(平成13年)5月1日に浦和市・大宮市・与野市の3市の合併により新設され、その後、岩槻市を編入して現在の市域となりました。

さいたま市は、関東地方の中央部に位置し日本の首都である東京の都心部からは、北に約20 kmの距離にあり交通の便もよく一方で、歴史・文化的資産も多く都心部に残された貴重な緑の空間のさいたま市は「SUUMO住みたい街ランキング2019関東版」(株式会社リクルート住まいカンパニー)において、さいたま市の「大宮」が4位、「浦和」が8位へとなり、住みやすい街として躍進しています。